しめ縄リースをアレンジ


クリスマスもまだ終わっていませんが、お正月に向けての商品も既にあちこちで見かけますね。
その中でもおしゃれなしめ縄リースが目を引きます。

でも、素敵だな~と思うものは結構お値段が張ります。
しめ縄ってお正月が終わったらとんど焼きなどで処分してしまうもの。
素敵なんだけど、そこまでお金出せないわ、と思って自分流にアレンジしてみることにしました。

 

まずは100円ショップで材料集め

 

アレンジ用の何もついていないしめ縄リースも売っているようなのですが、私が行った店舗ではありませんでしたので
飾りのついている物を買ってきました。
他にも飾り付けしてみたいアイテムを色々買ってみました。

行ったお店はセリアとダイソーです。

水引だけの単体のものが欲しかったのですが、それは取扱いがないと言われましたので、これももうリースのようになっているものでガマン。解体して使います♪

 

買ってきたしめ縄を解体します。

まずは元々ついていた飾りを取り外してシンプルな状態にします。

金の扇とか、発泡スチロールの蜜柑はこの度いらないので外しました。
蜜柑のパーツがきれいに取れなかったけど、どうせ花で隠れるので気にしませーん。

 

次に部品を用意します。

そして、造花の花の部分だけが必要なので、ペンチでパッチンと切り離します。

バラの葉っぱもキレイだったのでこれも切り離しました。

それらをしめ縄の土台部分にこれまた100円ショップで買ったグルーガンで適当に付けていきます。

グルーガンは熱くなるので、火傷に注意です!

 

ダイソーの菊の造花は、ワイヤーが付いていましたので、これは切り離すことなくしめ縄リースに巻いてくくりつけました。

ついでに水引も今回は使わないパーツは取り外し、造花のワイヤーで一緒にぐるぐると止めてみました。
後ろ側は誰にも見られないであろう場所ですので、美しくはないですがこんな感じとなっています。
前から見ればそれなりに美しくできました。

 

そして、完成!!

 

表からみた完成品はこちら!

若干小さめのリースではありますが、総額648円(税込)で仕上がったので、自分としては満足です♫
センスが問われるところではありますが、パーツを買うところから結構楽しめます。

デパートなんかで立派なのを買うと数千円はするしめ縄リース。自分で手作りするのも楽しいですし何と言ってもお安いのでお勧めです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

2009年から今の建売住宅に住み始めました。 夫と娘の3人暮らし。整理収納を学んで、少しづつ家の中が整ってきました。 おうちの中のこと、日々の事など綴ってきたいです。