DURALEX(デュラレックス)のグラスの割れ方が危険すぎる!


もうすぐ今年の夏も終わりますね。夏だけでなく一年中我が家で大活躍してくれていたグラスは
フランス製のDURALEXのタンブラー、ピカルディでした。

あちこちのカフェなどでも使われている、非常に丈夫なグラスです。
実際10年ほど使っていて、ある程度の高さから落としても全く割れることもありませんでした。
なんとなくおしゃれな感じがして気に入っていたのですが…。

突然割れる危険なグラスDURALEX

ところがです!!
先日、グラスを洗っていて洗いカゴへ置こうとしたその時、パーーーーーン!と
このピカルディのグラスが割れました。
割れたというより爆発です。
びっくりしたなんでもんじゃありません。
何が起こったのか、本当に分かりませんでした。
キャー!っと叫び、とにかく子供に近づかないように言い渡して
夫と二人後片付けをしました。

このガラスの破片が細かいこと細かいこと!
集めるのにも一苦労でした。


ほんの一部ですが、(あわてて片付けたので…)かなり鋭利な破片であることが分かりますでしょうか?
何か飲み物を入れて、飲んでいる最中とかじゃなくてほんと良かった。

後から調べたところ、この強化ガラスは普段は丈夫で使い勝手が良いのですが
少しの傷や衝撃などで破裂する危険性があるとのこと。
DURALEX社のホームページによりますと、割れても強化ガラスは
普通のガラスのように尖った破片が飛び散りません、というような説明が
ありましたが、いやいや割れ方が突然すぎて危険だし、十分
鋭利な破片がいっぱいだったよ???と思いました。

こんな割れ方するとは知らずに10年も使っていたよーー。
急激な温度変化にも弱いとのことですが、全く気にせず使ってました。
日本ではその危険性ゆえ、強化ガラスは作っていないそうです。
作れないんじゃなくて、あえて「作らない」だったんですね。

そういう訳で、まだ無事なピカルディが5個あったんですが、いつ破裂するかわからない
爆弾みたいなグラス、怖くて使えないので、この際全部処分いたしまして
新しい日本製のグラスをお迎えしました。

この度お迎えしたグラスは日本製の「アデリア タンブラー」という商品名のものです。

内側に水玉模様の凹凸があってかわいいかな、と思いまして。
以前のピカルディと容量もほぼ同じで、使い勝手良く使っております。
そして、食器棚の空いたスペースに調子に乗って以前から欲しいと
思っていたイッタラのグラスまでお迎えしちゃいました。

こちらは少し容量大きめです。
子どもとのおやつの時間に重宝しています。
今回はグレーと水色を買いましたが、次はオーソドックスなクリアを
買いたいな、と思っています。

DURALEXのグラス爆発事件には驚きましたが、誰も怪我はしなかったし
結果、お気に入りのグラスと出会えてよかったです♬
新しいグラスも丈夫そうなので、大切に長く使っていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

2009年から今の建売住宅に住み始めました。 夫と娘の3人暮らし。整理収納を学んで、少しづつ家の中が整ってきました。 おうちの中のこと、日々の事など綴ってきたいです。